カテゴリー別アーカイブ: パピエstory

story45.地球環境問題と木造モダニズム住宅

現在、私は、自宅古民家の保存活用や妻の水彩関係のサポートをしながら、前職同様、国や地方自治体向けの調査や計画策定、コンサルティングなどの仕事をしています。調査等のテーマは地球環境問題が中心で、それは会社勤めをしていた時代から一貫しています。フリーランスになった今も、国や自治体などお客様の所で会議をしたり、お世話になっているコンサルティング会社で作業や打合せをしたりなど外出の機会は多いですが、これまでに比べると、家で仕事をする時間が圧倒的に増えました。築100年の古い家で、窓辺からの庭のみどりを眺めながらパソコン仕事をする場合が多いのですが、この家や庭を、生活や仕事の場として利用し守っていくことは、地球環境にも良いことであると理解しています。

地球環境問題は、地球温暖化や気候変動に関わる問題(低炭素社会)、ごみやリサイクルに関わる問題(循環型社会)、生き物やみどりなど自然に関わる問題(生物多様性)の3本柱であると言われています。藤井厚二が構想したように、家の通気性や日陰を多くして冷房エネルギーを節約するというのは低炭素社会に貢献することになり、古い家を壊さず守り続けることは新築物件の材料を減らすという意味で循環型社会に寄与すると考えられています。さらに、庭のみどりを適正に管理し、鳥や虫など生き物の棲み家として保全することは生物多様性の確保につながっていきます。

大学時代は環境分野の研究をしていた訳ではなく、会社に入った頃も、地球環境問題という言葉すらほとんど知らないような状況でした。でも、入社後何も分からない中で、「自分は地球環境問題を専門に仕事をしたい」と会社に言い続け、それ以来、環境問題に関わる仕事を今も続けています。環境問題は、生き方、暮らし方そのものの問題であると言えます。まだまだ環境問題の研究をしていきたいですし、来年はこれまでの環境研究について大学で教鞭をとる機会もいただけそうです。さらに、我が家の木造モダニズム住宅に、暮らしながら、使いながら、長持ちさせていく取組を、環境問題にもつなげて考えていければと思います(昨日、我が家が国の登録有形文化財になるという報道発表がありました。今後も変わらず、同様の取組をしていきたいと思っています)。

窓辺 Katsuji

story44.1に掃除、2に掃除、掃除の効用

秋のこの時期は行楽日和が続きますが、我が家を利用したギャラリーやワークショップなどのイベントが多い時期でもあります。また最近は、建築の専門家や、古民家保全の活動をされている方々が我が家を見学に来る機会も多くあります。このような来訪があるたびに、夫婦で、せっせと掃除をすることが必要になります。普段行き届かない各部屋や廊下などの細かい部分の汚れやほこり、庭の木の剪定や落ち葉処理など、掃除は屋内外のいろんな箇所にわたります。結構な肉体労働ではありますが、目に見えて綺麗になっていくことは非常に気持ちが良いですし、家や庭にとっても定期的に手が入ることは長持ちする上で欠かせないことだと思います。

私が子供の頃から、いろいろな家仕事がありましたが、やはり掃除が一番大変だったと思います。家の中は掃き掃除や廊下の水拭きを毎日やっていましたし、庭については小木を伐採、薪割りして、お風呂を沸かしたり、落ち葉を集めて焚き火をして灰を肥料にしたりと、うまく循環させながら綺麗にしていました。幼い頃は、そのような作業が好きで、掃除については、よくお手伝いをしていたと思います。家事の中で、昔は炊事や洗濯も大変でしたが、今は機械化が進み、いろいろな便利グッズが誕生して、だいぶ時間や労力が削減されてきたと思います。ただ、掃除については機械化することには限界があって、今なおほとんどが肉体労働であるように思います。

夫婦とも日常はいろいろな仕事があって、毎日掃除をするという生活にはなかなかなりませんが、要所要所でいろいろな方が来訪されるので、おのずと掃除する機会が設けられます。掃除は大変ですが、心身ともに気持ちの良い作業です。細かい物の片付けや飾りつけなどはほとんど妻がやっていますが、最近は、毎回の教室前のアトリエの掃き掃除は、率先して私の方でやっています。会社勤めの時代は、家の掃除はほとんどせず、当時の会社のフロアー掃除も外部事業者の方にやっていただいていましたが、いま、自分の家および職場のほこりを、丁寧にほうきで掃き取っていく時間は、案外、心地の良い時間でもあります。 アトリエ写真展

 Katsuji

story43.家族構成に応じたフレキシブルな昔の家

先日、私たちの娘の挙式と披露宴が無事に終了しました。半年ほど前に入籍していることもあって、結婚式当日は、しんみりというよりは、終始ニコニコしていたように思います。

今年は、上の娘が嫁いで同居する家族が減り、このことで2階の子供部屋が空き部屋になってしまったとともに、昨年は、親世帯側だった部屋に我々の生活スペースを移し、元々我々の生活していた部屋をイベントや教室スペースとしてオープンにしたところでもありました。

このように、家族構成の変化や家族の成長とともに、家の部屋の使い方は変わってきます。我が家についても、私が子供だった頃から何度かそのようなタイミングがありました。幼かった頃は、和室が姉弟3人の子供部屋兼寝室で、襖(ふすま)を隔てた隣の和室が親の寝室となっていましたが、姉弟それぞれが成長するにしたがい、昔は女中部屋だったという畳間を板間に改修して家族のダイニングにし、以前食堂だった部屋を個室の子供部屋として利用するようになりました。その後、私も含む姉弟3人が結婚で家を離れ、親2人で暮らすようになり、一部手入れが進まず朽ちかけてきた部屋も出てきましたが、15年ほど前に、私たち家族が二世帯住宅として暮らし始め、各部屋を手入れし、それぞれの用途に応じて利用することで、再び家全体も生き返ってきたように思います。

「今の日本の家はカスタマイズされ過ぎて、各部屋の用途が限定され、フレキシビリティさ(柔軟性)がない」と、建築の専門家の方から聞いたことがあります。昔の日本の家は、襖を抜いて広間にしたり、大きめの梁があることで間仕切りの変更がしやすいなど、用途が限定され過ぎず、寛容であったといった趣旨のことをおっしゃられていました。家族構成が変わるたびに家自体を移していくという方法があり、私たちもそのようにしてきた部分もありましたが、1つの家のまま、家族構成に応じて、部屋の用途を臨機応変に変えていくという方法もあります。いま住んでいる家は、最大6人住んでいたのが、今は夫婦が主な住人に。皆さまにも利用してもらうスペースも設けながら、家を傷めず、修復もして、これからも永く隅々まで使えるような家になっていけばと思います。 結婚式会場

Katsuji

story42.ネットワーク「藤井厚二倶楽部」誕生か

先日、藤井厚二設計の聴竹居(京都府大山崎町)、八木邸(大阪府寝屋川市)、後山山荘(広島県福山市)それぞれ管理・運営などで支えておられる各倶楽部のスタッフの方々と、我が家および京都市内の藤井厚二設計住宅2軒の見学会が開催されました。3つの倶楽部の代表を務められている竹中工務店の松隈章さんをはじめ約20人の方々と、丸一日かけて、昼間は各住宅の見学、夜は京都市内のレストランでの懇親と非常に密度の濃い愉しい会合となりました。各倶楽部のスタッフの皆さまも、各住宅を所有あるいは借りられている方達も、それぞれ建物に対する想いや愛情が非常に強く、いろいろな方から、建物の細部に至るまでのきめ細やかさや美しさ、機能性などの説明をお聞きし、藤井厚二建築のすごさを改めて認識する良い機会でもありました。

実は、私たち夫婦は、我が家が藤井厚二設計であるということを、数年前までは知りませんでした。たまたま妻の水彩教室の生徒さんで古い建築物にも興味を持たれている方がいて、ある日、その方が京都工芸繊維大学の建築の勉強会に参加された時に、藤井厚二が建てた実験住宅と我が家の外観が非常に似ているということを教えてくださり、その後、京都工芸繊維大学の先生が我が家にお見えになられ、そこから聴竹居倶楽部の方や、住宅遺産トラスト関西の方などと輪がつながっていって、我が家は藤井厚二設計に間違いないという確信を得るに至りました。藤井厚二設計であることを知る随分前から、夫婦の中では、この古い建物や庭のみどりは大切に残していき、周りの方々にも見てもらったり使ってもらったり出来たら良いなという話をしていて、教室やグループ展、カレンダー展などを開催していましたが、最近、藤井厚二つながりで、さまざまな縁をいただくことになり、いろんな藤井厚二住宅を見たり、お話を聞く機会が増えるにつれ、さらに、家を大切にして、皆さんに愉しんでもらえたらという想いが強くなってきています。

代表の松隈さんは、現存している藤井厚二住宅に関わる方々のネットワークとして、このような「藤井厚二倶楽部」の集まりを今後も開催できればという意向を持っておられます。他の建物では、一住宅として住み続けておられたり、保存のために見学の受け入れをされたり、インビテーションギャラリーとして賃借されたりなどさまざまな利用形態があるとともに、大幅な改修によって建物も庭も当時のたたずまいを丁寧に復元された家もあります。我が家は、建物も庭も、そこまで美しく維持管理できていませんが、生活感のあるアットホームな雰囲気で「住みながら活用する」という数少ない利用形態をとっているという立場で、これからも藤井厚二倶楽部に関わっていけたらと思います。 藤井厚二倶楽部1

Katsuji

story41.元我が家敷地のグリーン、伐採進む

我が家敷地の一部を手放して2ヶ月あまり。うっそうと茂っていた木々や竹の伐採がほぼ完了し、現在は土の造成が進み始めています。再整備の途中過程とは言え、グリーンがなくなり、土があらわになった景色を見ると、一抹の寂しさを感じますが、逆に、今後新たにグリーンを伴った戸建住宅の街並みを想像すると、ワクワクした楽しみも感じます。これまでの伐採作業は、本当に見事なプロ仕事で、人力や機械で切り倒した木々や竹について、重機を大胆かつ巧みに操作し、根や幹や枝葉部分などに分別した上で、それぞれしかるべき再利用先への搬出作業を行っていました。折角の機会なので、これからの造成や擁壁工事、住宅整備など、間近で見られることを楽しめたら良いなと思います。

さて、今回手放した敷地は、直前はジャングルのような荒れた森でしたが、以前はもう少し心地の良い緑地でした。私が子供の頃は、母親が野菜やイチゴの畑を管理し、柿や夏みかんの木なども自然に育っていました。緑地に建つ「はなれ」には人が住み、定期的に植木屋さんが入り、毎日通っていただいたお手伝いさんはこまめに緑の手入れもしてくださいました。ただ、私が成人したころから、人による手入れが進まなくなり、みるみる木々は生い茂り、竹の根は家屋に差し迫り、いつしか管理できる限界点を越えてしまったような感じになってしまいました。

このようなグリーンの部分について、手放すとすれば図書館や自然公園など公共用地になれば良いなとボンヤリ考えていた時期もありましたが、それはなかなか現実的ではありませんでした。いざ手放す準備を進めた際には、民有地になるとしても、できるだけ元々の木を残し、元々の地形を生かした住宅地や事業用地になればと交渉した時期もありましたが、これも傾斜の問題や安全性なども考慮するとそういう訳にはいかず、結局、伐採・造成をした上で新たに整備するという方法しか無理ということが分かりました。せめてマンションではなく一戸建てという思いは叶い、一定の緑地を確保した良好な住宅整備ということで、現在計画が進められているところです。公共用地とか、現有の木や地形を生かすなどは素人考えで、いろいろな制約があることを知り、土地利用というのは、なかなか思い描くようにはいかないものなんだなと強く感じました。

これからも、家屋の周りの敷地は現状と何ら変わらず、グリーンもほぼそのまま残ります。これまで以上に良い感じにみどりを管理し、来ていただく皆さまにも憩いとなるような場になればと思います。

庭木の伐採

Katsuji