カテゴリー別アーカイブ: パピエstory

藤井厚二設計 環境共生住宅の原点「聴竹居」

100年ほど前、私たちが住んでいる家を設計・デザインされた藤井厚二氏は、他にも数多くの建築物を手掛けられています。その中で最も有名な建築物は、昨年国の重要文化財に指定された「聴竹居(京都府大山崎町)」です。一昨日、聴竹居の見学ツアーに参加し、聴竹居倶楽部の方から様々なご説明をいただきました。聴竹居は、藤井厚二氏自らが家族とお住まいになられた実験的住宅で、現在にも通じる非常に斬新な設計思想が組み込まれており、とても興味深くお話を聞かせていただきました。 story31つ目は「環境共生住宅」。特に、暑い夏をどう過ごしやすくするかを重要視し、その一例として、床下に長さ12mの土管を埋め込み、自然の西風を取り入れて屋内を涼しくするクールチューブが設置されています。

2つ目は「和と洋をうまく融合させた建築」。広い板間のリビングルームを中心に据えたり、畳間を板間より30cmほど高くし、椅子に座る人と畳に坐る人との目線を同じにするよう配慮したりと、西洋文化が日本に導入される過渡期に見事に和洋を融合させた設計になっています。

3つ目は「自然の中にうまくとけ込むような家づくり」で、地形や植生などを上手に利用しています。他にも細かな知恵や工夫が満載で、合理的かつ美しい造りとなっています。

藤井厚二氏は、和と洋、自然と建築、芸術性と合理性など、相反する2つのことのバランスを非常に重視された方だったのだと思います。しかも、50対50とか30対70とかではなく、どちらも全力投球、100対100というイメージで。そのあたりは、パピエでも大切にしたいと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA <追記>10日ほど前に、同じく藤井厚二氏設計の「八木邸(大阪府寝屋川市)」にも見学に行ってきました。その時、聴竹居倶楽部・八木邸倶楽部代表の方がおっしゃられたのは、藤井厚二設計の家を「古民家」というのは適切ではなく「木造モダニズム建築」という表現が良いということでした。なかなか言い慣れませんが、少しずつ、そのような言い方に慣れていこうかなと思っています。

Katsuji

まもなく築100年、和洋折衷の古民家

私たちが住んでいる家は、大正末期に建てられた、まもなく築100年になろうとしている古民家です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私はこの家で生まれ育ちましたが、子供の頃、周りの多くの友達が新興住宅や社宅、新築のマンションなどに住んでいる中、自分は一風変わった古い木造住宅に住んでいることが、ものすごく不思議な感覚であったことを覚えています。このように、子供の頃は、愛着心というより何となくの特別感の方が勝っていたのですが、大人になり、再度子育て期に住み始めてからは、木のぬくもりや落ち着き、工法や素材の知恵や工夫、いろんな生き物に囲まれて季節感を味わえる環境など、多くの良さや価値を見出すようになってきました。もちろん、冬の寒さや夏の虫の多さなど、大変な部分が多いのも事実ですが、良い面、悪い面、全てを含め、今は味わい深いと感じています。

この家は、大正末期に竹中工務店の建築家である藤井厚二氏が設計した家だそうです。藤井厚二氏は、昨年、国の重要文化財に登録された聴竹居をはじめ、和洋折衷、環境共生型の多くの木造モダニズム建築を設計された方です。もしかするとある意味、この家は貴重な文化資源と言えるかもしれません。ただやはり、100年という年月が家のあちこちを老朽化させ、いろいろな傷みが出てきています。このまま何もせず放っていたら、いずれ少しずつ朽ちてゆくでしょう。そっと見守るのではなく、住みながら、使いながら長持ちさせていく、そのような感じが良いのかなと思っています。

パピエのイベントなどで多くの人がお越しになると、家が良い表情をして喜んでいると感じます。今後も、皆さんに愛され集まっていただけるような、そんな居心地の良い家に設え(しつらえ)ていければと思います。

Katsuji

水彩の森パピエへ、ようこそ

水彩の森パピエへ、ようこそ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はじめまして。あべまりえの夫の克治と申します。今年から、パピエとその周りの環境にまつわる様々なストーリーを、こちらで綴らせていただくことになりました。以後、よろしくお願い致します。

パピエは、北摂の住宅地にありながら豊かな緑に囲まれ、都会のオアシスとも言える癒しの空間です。築100年の古民家と、それに併設する白いアトリエからなり、小鳥の声と木漏れ日を感じながら、憩い、学び、創作、展示などができる集いの場にもなっています。

さて、私の祖父がこの土地を購入し、現在の家を建ててから、ほぼ100年が経とうとしています。私は幼少の頃からずっと、この古民家で暮らしており、結婚後しばらく家を離れる期間もありましたが、約15年前に二世帯住宅に改築後は、再びこの家で暮らしています。そんな愛着ある家への想い、現在進行形のパピエでの取組、そして将来に向けた未来予想図など、アトリエや家や庭に関することを、こちらで少しずつお話できたらと思っています。

これまで、「watercolour space Papier(水彩教室パピエ)」では、水彩教室や創作、展示を中心に活動して参りましたが、今年4月から、隣接する古民家や庭も含めて、活動スペースを広げていく予定です。今後は、それらのスペースをひっくるめて「(水彩の森)パピエ」と総称し、多様な彩(いろどり)ある空間として、水彩をはじめ様々な分野で、皆さまに心地よいひとときを過ごしていただけましたら幸いです。

Katsuji