9月4日、台風の恐ろしさを思い知る

9月4日の日中、近畿地方を縦断した超強力な台風21号。この家で生まれて50年あまり、何度か台風の直撃は体験しましたが、今回の台風は、これまで体験した中で最も恐ろしく、かつ最も我が家に被害をもたらした台風でありました。

台風の日は、私と妻と会社が休みになった娘の3人で家にいましたが、風雨が強くなってから10数分後、まず2階の外の欄干が庭下に落下しました。その時はまだ全員余裕があり、2階に上って落下した欄干を窓から見下ろしたりしていました。でも、その数分後、いよいよ風雨がピークに差し掛かった頃、突然、その2階の窓が木枠ごと飛ばされ、家の中に落下し、ガラスが粉々に1階の踊り場などに飛び散りました。そこから10数分間、断続的に突風が吹くたびに、どこかしかで音がしたり、家全体がフワッと浮いたような感覚に陥ったりと、本当に家ごと飛ばされるんではないかと思いました。家族全員、何もできず、ただただ何ごともないことを祈る気持ちで、風雨が弱まるのを待っていました。台風が通過し、やや風雨が収まった時、家の中をグルっと見回りに行きましたが、ありえないような大木も含め、多くの木々がなぎ倒されていました。でも、不幸中の幸いか、全て直接家屋に向かって倒れることなく、ご近所さんや道路に向かっても倒れることもなく、ちょうど良い場所に多くの木々が支え合うように倒れていました(ケーブルテレビは断線しましたが)。また、皆さんにも多く利用いただいているリビングについても、窓がサッシではなく、木枠でガラスも建築当時の古いものなので、非常に心配しました。ただ、倒れた大木の陰になって、むしろ風の当たりを弱めて家屋を守ってくれたような形になったので、幸いリビングは無傷で済みました。翌日は復旧作業に追われ、窓に板を打ち付ける応急措置の後、人の出入りができないほど覆われた玄関前の倒木の枝・幹を伐採しましたが、自然災害の恐ろしさを感じながら、これほどの災害でも家屋の損壊を最小限に食い止めてくれた木々への感謝の念も持ちつつで、一心不乱に木を切り続ける不思議な気持ちでの作業でした。

皆さまも、今回の台風でさまざまな被害に遭遇されたかと思います。自然は時として猛威を振るいますが、普段は恵みや安らぎを与えてくれています。これからも自然と仲良く付き合いながら、自然に感謝して暮らしていきたいと思います(併せて、今後、大型台風の到来が予想された時は、もう少ししっかりと備えをしなくてはと肝に銘じました)。

story17

Katsuji