Diary2011 December
12月31日(土)
 家族旅行二日目。ふかふかのお布団で、ゆっくりたっぷり眠れたので、とっても清々しい目覚め。(普段の生活の寝起きとは、比べものにならないくらい、お顔もさわやか♪)窓からは、徐々に明るくなる空と海が見えます。なんて素敵なシチュエーション。
 昨日あんなに食べたのに、また朝になったら、ちゃんとお腹が空いてくるからびっくりします。朝食がまた素晴らしく、子供達が頼んだ和食バージョンは、伊勢えびの味噌汁付き。親が選んだ洋食バージョンは、朝から(フレンチですか?)と思わせるくらいの盛り合わせディッシュが付いてきます。これにビュッフェ式のサラダとフルーツとドリンク(和食はお惣菜類)が加わり、かなり気合入れて食べないと、途中でお腹がパンパンになります。、、、が、またもや完食。(朝からよくこんなに食べられるものです。)もう、年末年始、体重計には乗りません。
(乗れませんーー。)
 
 食後、この宿を決めたポイントで、一番楽しみにしていた、海の見える露天風呂「浜千鳥の湯」に入ってきました。大浴場から外に出て、長い階段を降りきったところにある混浴露天風呂です。もちろん、専用浴衣「湯あみ着」なるものを着用して入るので、混浴でも平気。朝のお風呂は意外と空いていて、娘と一緒に、ゆっくり温泉を楽しみました。岬の先に設けられているので、お風呂と海が一体化し、素晴らしい景観です。お天気も良く、青い空にカモメが気持ち良さそ〜に羽を広げる姿を見ながら、自分の心もどんどん広がるような感じに♪(ふぅー、また来年もがんばるぞぉ。)と、頭の中に、新鮮な血液が流れ込んでくるのが分かります。大晦日に温泉、、、これは最高の贅沢ですね。こんな時間を持たせて頂いたことに、心から感謝です。
  
 宿を出た後は、お決まりコースで、『千畳敷』と『三段壁』に立ち寄りました。子供達も、大きな波しぶきや断崖絶壁のすごさに、感嘆の声をあげていました。
 帰り、阪和自動車道を通ったのですが、小高い山の上に、大きく真っ白な風車が何台も回っていて、驚きました。この辺りは、風力発電で、ちょっと知られているそうです。雲ひとつ無い青い空に浮かぶ、真っ白な風車。こちらも絵になる風景でした。
 
 さて、いよいよ今年も、最後のダイアリーとなりました。一年間、ずっと読んでくださった皆さまへ、本当にありがとうございました。そして、また来年も続けていきたいと思っていますので、どうか時々は、覗きに来てやって下さいね。来年も、どうぞよろしくお願いします。
12月30日(金)
 今年の年末は、白浜温泉に家族旅行です。混雑する時期なので、夏ごろから既に予約を入れていました。この旅行をエサに、日々頑張っていた私です。相変わらず、常に目の前に、ご褒美ぶら下げて走っています。
 往路は、せっかくなので、ググッと内地に入り、十津川村の谷瀬の吊り橋へ向かいました。途中、雪の残る山間の道の駅“吉野路・大塔”にあった手打うどん店、『金剛』に立ち寄りました。“ぶっかけおろしうどん”を頼んだのですが、これがかなり美味しかった。「ミカンのお酢をお好みで」、、、ということで、早速かけて食べてみたら、酸っぱすぎなく、ちょうど良い酸味とミカンの風味が大根おろしにマッチして、予想以上♪古い薪ストーブの上には、鍋いっぱいのすじコン煮もあり、そちらも注文して美味しく頂きました。こんなところで、美味なるものにありつけるとは、、、期待していなかったので、ちょっと得した気分です。
 さて、谷瀬の吊り橋にようやく到着、、、したのはいいのですが、あまりの寒さと冷たい風に、若干逃げ腰に。寒空の下、吊り橋を渡っている人の姿も無く、しかも、途中まで渡ると、急に吹き付けてくる突風に、すっかりひるむ家族。でも、次はいつ来れるか分からないし、せっかくここまで来たのだし、、、と、私と息子の二人は、吊り橋渡りにチャレンジすることにしました。強風に煽られながら、ぐらぐらゆれる吊り橋の長いこと長いこと。でも、向こう岸までしっかり渡って参りましたよ。なかなかスリリングで、怖かったけど面白かったです。ただ、風が冷たすぎて、耳がしばらく痛くて困りましたが。
 この辺りは、土砂災害のひどかった地域で、道中ところどころに、災害の恐ろしい爪痕が残っていました。復旧作業も、まだまだ続いている様子。海沿いの津波も怖いけど、山沿いの土砂崩れも怖い。治安が良く安心して暮らせる日本ですが、自然災害が多いのは、悲しいです。災害が少なく、治安も良く、暮らしやすい国って、いったいどこが一番なのかなぁ。(ブータン?)
 熊野神社にも、お参りしてきました。世界遺産の熊野古道を散策する時間はありませんでしたが、そこもいつか歩いてみたいです。こうやって旅行に出ると、国内にも行ってみたいところは、まだまだ沢山あります。
  日の入り間近、、、少し道に迷いながら、本日のお宿、『海舟』に到着。満室でお客さんが多く、到着時間も遅かったので、夕食は8時からのみの選択。でも、それまで、ラウンジで、こんにゃく煮とにら饅頭がサービスされ、少しお腹を満たしてくれます。
 ここは、部屋着の他に、好きな浴衣を沢山の柄の中からセレクトでき、それも嬉しい。お部屋は大きく、和室と洋間があって、とても快適でした。タオルは可愛いカゴにセットされているし、お風呂上りのアイスキャンディのサービスもあるし、もちろん、換えのタオルも準備されていて、至れり尽くせりです。
  大浴場でゆったり身体をほぐした後は、夕食会場へ♪テーブルの上のお品書きには、“食前酒”、“八寸(柚子豆腐・牛肉昆布巻き・百合根饅頭etc.)”、“先椀(冬野菜・ぶり)”、“蓋物(海老芋・蕪・西京餡)”、“舟盛り(伊勢えび・鯛の刺身・炙りブリ・うつぼ山椒焼・寿司・鯨の竜田揚げetc.)”、“台の物(鮑・焼葱・巻白菜・白しめじetc.)”、“洋皿(熊野牛ローストビーフサラダ仕立て)”、“食事(しらす飯)”、“止椀(焼き茄子・なめこ)”、“香の物”、“水菓子(苺ミルク大福・南瓜プリン”、、、と、沢山のお料理が書かれていて、期待が高まります。出てきたお料理は、もちろん期待通りで、大大大満足の私たちでありました。すべて残さず食べたので、お腹いっぱい。さらにこのお宿、夜10時から“夜鳴きそば”のサービスまであり、それもラウンジで頂いてしまいました。いや〜、、食べた食べた。もう何も入りません。お食事も、接客も、温泉も、すべてパーフェクトでした。 
12月29日(木)
 大掃除と買出しの合間に、今月2度目の『フリアンディーズ』へ、パンケーキを食べに行きました。前回は、スィーツ系だったので、今回はおかず系パンケーキをチョイス。薄くてモッチリした生地は、カリカリベーコンの塩味にも良く合いました。いつもお世話になっている友人、あいきょさんとご一緒させて頂いたので、甘いパンケーキも注文し、少し時間差で焼いてもらって、二人で分けっこ。あいきょさんとは、いつも楽しくお話が盛り上がるので、美味しいものを食べながら、ついついおしゃべりに花が咲いてしまいました。あいきょさん、お忙しい中、お付き合い頂いてありがとうございました。でも、来年の抱負など、お互い口に出すことが出来て、とても気合が入りました。また是非、お付き合いくださいね♪(で、帰宅後は、少しだけお節料理を作りました。)
12月26日(月)
 木工屋TAKUTOのお隣(前は『金の麦』があった所)に、新しいパン屋さんが、本日OPENしました。『Boulangerie Miyata(ブーランジェリー ミヤタ)』といいます。寝屋川や天神橋にも店舗があり、オーナーシェフの宮田さんが、素材にこだわって作っているパンが、ずらりと並んでいてワクワクします。今日は、バタールとイギリス食パンを買いましたが、粉の味がしっかり感じられて、とても美味しかったです♪デニッシュ系のパンも種類豊富だし、これから通って、いろいろ試してみなくては。また1件、お気に入りのお店が近所にできて、嬉しいです。
12月25日(日)
 我が家のクリスマスはこんな感じ。まぁ、作ったのはカボチャのクリームスープだけで、他はすべて買ってきたもの(^_^.)(しかもお箸で食べる。)手抜き母もいいとこですね。でも、愛子先生とのコラボで作ったランチョンマット“雪景色”を使ったら、それなりにテーブルセッティングしたように見えるのがありがたいです。
 Merry Christmas♪
12月23日(金)
 貴大、お誕生日おめでとう〜♪
 息子が、本日13歳になりました。ティーンネイジャーは13歳からがスタートだそうで、これからが彼の青春時代、突入です。この間に、勉強して、体力つけて、恋もして、、、若者って大変ですよね。いったい、どんな大人になるのか、まだまだ検討もつきませんが、でも、常に好奇心を持って、いろんなことにチャレンジして欲しいです。息子よ、ガンバ!
12月22日(木)
 key..studioさん達と一緒に、北浜の『山辻』にてランチ。ここは八百屋さんの併設するカフェで、お野菜たっぷりのメニューを頂けます。今日は、下仁田ネギの天ぷらがのった明太子スパゲティで、ネギが甘くて美味しかったです。key..studioさん、美味しいお店に連れて来て下さってありがとう〜♪
 さてさて、本日の夕食の際、買ってきた桜カブのスライスに、これまた買ってきた生姜味噌を塗って食べました。これも美味でした。ところが、この『山辻』、今年度で一旦閉店になり、また来年の2月ごろから再スタートになるそうです。また行きたいと思っているので、どうか良い感じのお店になって下さいね。
12月21日(水)
 ふゆの友に参加して下さったHさんが、その時レッスンしたリースのイラストを使って、嬉しいお便りを送って下さいました。中には、暖かいメッセージと紅茶パック&チョコレートが♪とっても素敵な贈り物に、またまた癒されました。
12月20日(火)
 昨夜、友人宅に泊めて頂き、今日はアロママッサージです。そう、友人はプロのアロマテラピスト。自宅に専用のベッドもあって、もちろんお仕事としてされています。昨日に引き続き、今日もお世話になります〜。
 今回選んだオイルは、気持ち新しくシャキッとなれそうなレモングラス、そして優れたリラックス効果のあるリンデン、そして大好きなラベンダー。これらをブレンドして、たっぷり1時間マッサージして頂きました。あんまり心地よくて、途中何度も眠ってしまいましたが、すっかり一年の疲れも取れたようです。Nちゃん、そしてだんな様、本当に本当にありがとうございました。
12月19日(月)
 友人Nちゃん宅へお泊りに出かけました。彼女のお家には、ワンちゃんが3匹(左から、こんぺい、もなか、きなこ)いて、全員人懐っこく、お顔ベロベロのキスされまくり。ものすごい大歓迎を受けました。いやはや、そんなに歓迎してくれてありがとね。憂いヤツだよ〜、あんたたち。(画像は“待て”をしているところ。この瞬間だけじっとしていて撮影可能。)
 昔の仕事仲間である友人は、実は大きな病院の院長夫人でもあります。、、、なので、そのだんな様は、当然院長先生、、、なのですが、何回会っても、院長というイメージじゃないんですよね。とにかく気さく。そして見た目も気も若い。
 今日は彼が、美味しいお魚をお食べさせてくれるとのことで、朝からすごく楽しみにしていました。すべてカウンター席のこじんまりと清潔感のあるお店で、メニューはなく、すべてお任せコース。次に何が出てくるのか、分からないのでワクワクします。しかも、今日はだんな様が私のお財布になってくれるということで、お勘定も全く気にせず、「美味しい美味しい」と食べさせて頂きました。さすが院長!太っ腹〜♪(普段、『院長の風格が無い』だの、乗ってるベンツも『バッタもん?』だの、失礼なことばかり言いつつ、こうゆう時だけ院長扱いする私、、、ひどい、、、。)
 さてさて、ここ、日本料理店『うをとみ』のお料理は、以下の通りです。まず“イカとワケギのぬた”からスタートし、自家製のスモークベーコンと牡蠣の燻製と続きます。程よく水分の抜けた牡蠣は、トロンと口の中に広がって、何とも美味。新鮮なお刺身の盛り合わせも、たまり醤油と納豆醤油で頂きます。この納豆醤油、オリジナルだそうですが、めちゃめちゃ刺身に合うし、ウニにも合う♪マスター(大将?)に作り方も教わったので、お正月にチャレンジしたいと思います。そして、生牡蠣をチュルンと頂いたら、お次は大きな大きなキンキのグリルが登場☆このキンキ、身が厚くて味が濃くて、あまりの美味しさに骨の周りまで、しっかりしゃぶりつくしました。目の周りのプリプリコラーゲンも頂きましたよ〜♪そして、“ひりょうずのあんかけ”、“白子の一品(唐揚げのような感じ)”…と、美味しいお料理が続きます。ここまででも、結構お腹いっぱいでしたが、〆の“ブリ茶漬け”がまた最高。氷見の寒ブリを使った贅沢なお茶漬けで、ゴマの風味とよくマッチしてて、めちゃくちゃ美味しかったです。
 そして、院長、今日は本当にご馳走様でした。めちゃめちゃ幸せでした〜♪
12月17日(日)
 大好きなケーキ屋さん『フリアンディーズ』が、少し前に店舗を改装し、パンケーキのカフェを始めました。最近、すっかりパンケーキ好きになった仲間が集まり、パンケーキツアーです。
 メニューも予想以上にいろいろあって、決めるまで悩む悩む。ベリーのパンケーキ、熱々のリンゴのキャラメリゼをかけて食べるパンケーキ。どれも本気で美味しくて、全員、大満足でした。次回は、おかず系のパンケーキも頂かなくては☆
  その後は、皆で電車に乗って京都に向かいます。昨日からスタートした、amicalementさんの通う絵本教室、修了絵本展示会を見に行きました。amicalementさんの絵本『ぞうさんのぞうきんがけ』は、絵もストーリーも楽しくて可愛くて、本当に素晴らしかったです。でも、なんでも完成させることは、とっても大変なこと。頑張って完成させたamicalementさんに、心から拍手〜(パチパチパチ)です。
 せっかくの京都なので、近辺のお店もチラホラ覗き回りました。カエルのイラストやマスコットが気になって入ったのは、『鈴木松風堂』という素敵な和紙のお店。和雑貨も充実していて、小さな小箱を買ってしまいました。他にも、何軒かちょこちょこまわり、あっという間に時間切れ。やっぱり京都はいいなぁ。また時間を作って、朝からいろいろ回りたいです。 
12月15日(木)
 昔の仕事仲間と久々に再会し、ランチしました。弁天町にある欧風料理『ピエス・モンテ』は、とってもリーズナブルで、メインのボリュームもすごい。4人とも別々のものを頼みました。画像はそれぞれのメインディッシュです。もちろんお味も良かったですよ。
 このメンバーと会うのは、だいたい毎年、この時期になります。私もイベントが終わってホッとしているし、友人達も仕事に区切りがつく頃だし、お互い、気分的に余裕が♪久しぶりの再会でも、会ってしまえば、空白の時間なんてすぐ埋まり、昔と変わらないばかばかしい話ばかりで盛り上がれてしまう、、、やっぱり、昔からの友人っていいですね。会うだけで癒されます〜。
12月13日(火)
 今日は、JR大阪三越伊勢丹でのランチタイムレッスンです。16名の方が参加してくださいました。メニューは、ポークシチュー、リンゴとプラムのベーコン巻き、きのこのテリーヌ、リンゴとかぶのサラダ、サーモン・エッグパテ、タルト・オ・ポンムです。お料理の説明を受けながら、まずは皆さん、ランチタイムです。
 お食事が終わった後は、愛子先生の楽しいトークがあり、すっかり雰囲気が盛り上がった中、いよいよ水彩のデモンストレーション開始。今日のレッスンは、マスキング液を使っての、雪空の描き方です。作業の流れを見て頂いた後は、各テーブルで皆さんにチャレンジして頂きました。散布して固まったマスキング液の上から、好きなブルーの絵具を選んで着彩し、乾燥させます。そして、専用の消しゴムで、グレーに固まったマスキングを取ると、そこに真っ白な雪の点々が現れます。「わー♪本当に雪みたい!」 マスキングを取る瞬間って、私も何度やっても好きなので、同じ気持ちを皆さんと共有できて、とても嬉しかったです。時間がたっぷりあれば、家並みのイラストなども描いて頂きたかったのですが、そこは時間の決まっているレッスンの悲しいところ。皆さんには、前もって準備していた印刷のイラストをカットして、描かれた雪空に貼り付けて頂きました。仕上がりはこんな感じ♪雪景色カードの完成です\(^o^)/
 参加して下さった皆さん、「楽しかったですー!」と言って下さって、本当にホッとしました。喜んで頂けて良かった。
 お片づけを済ませ、キッチンカンバセーションスタッフの方々と、帰りは伊勢丹地下2Fの『ジャン=ポール・エヴァン』にて、カカオたっぷり濃厚なチョコレートケーキを頂きました。ひと仕事終えた後のチョコレートは沁みますね〜。スタッフの皆さんも、朝早くから準備、お疲れ様でした。そして私も、お疲れさん♪ …しっかし、ここのチョコレートケーキ、マジ美味!…でありました。
12月10日(土)
 鉢植えに咲いたミニバラと、庭の木になっている赤い実で、小さなアレンジメント。ホゥっとひと息ついた後は、さぁ、伊勢丹でのレッスン準備です。がんばるぞぉ☆
12月9日(金)
 遅かった紅葉も、ようやく美しい色に変化しました。落ちたばかりの葉っぱもきれい。庭もまもなく、冬休みです。
12月7日(水)
 今日と明日は、水彩教室の補助レッスンがあります。これが終わったら、アトリエでの仕事納め。1年間、アトリエもお疲れ様でした。
 リビングのテーブルには、イベント中頂いたお菓子がまだまだ置いてあって、ついつい手が伸びます。甘いのや辛いのや、、、どうして、お腹ってすぐ空くのでしょうね。
12月6日(火)
 カレンダー原画展も無事終わり、今日は作家さんたちとい一緒に、我が家で打ち上げパーティです。私はクラムチャウダーを作り、お惣菜やおかずは、カフェ悠悠にお願いしました。その他にも、作家さんの持ち寄りもあって、とても豪華なテーブルに♪皆さん、また来年も頑張りましょうね。かんぱーい♪
12月4日(日)
 秋の大きなイベントが、とうとう終わりました。ガランとしたアトリエは、毎回、ホッとするような、でも、心にぽっかり穴が開いたような、何とも言えない気持ちにさせてくれます。しばらくの間、この空間で余韻に浸り、ボーっと過ごしてしまいました。さて、ぼちぼちお片付けしなくては、、、。
12月3日(土)
 そして、やはり最終日はやってきます。初日と比べると、雑貨の数はどうしても減ってきてしまいますが、でも、人の波は落ち着いているので、来ていただいた方にゆっくり過ごしていただける、、、という利点もあります。
 長かった準備期間に対し、この3日間の短いこと!でも、沢山の方に喜んでいただけて、そんなお顔を見ると、(また来年もかんばろ。)と、素直に思えます。パピエに初めて来られた方、すっかりリピーターさんになってくださっている方、皆さんそれぞれ、楽しんで頂けたでしょうか?本当にありがとうございました。私達にとっても、とても楽しい3日間でした。また来年も頑張って準備しますので、どうぞよろしくお願いします。。
12月2日(金)
 今年のTea Partyのメニューです。左から、チョコスフレケーキ、さつまいものロールケーキ、抹茶シフォンケーキ、アプリコットタルト、チーズケーキ、バナナケーキ♪どのケーキも、皆さん、美味しい美味しいと召し上がっておられました。うーん、、、本当に美味しそう♪この中から一つ選ぶなんて、もう幸せすぎるチョイスですね。
 でもでも、残念ながら、期間中、私達スタッフの口に、これらのケーキは入りません。それはちょっと悲しいので、来年からは、スタッフ全員、期間中に1回ずつはお客さんになる、、、というお約束事を作ろうかなぁ、、、と思っています。
 でもでも、実はスタッフも、手作りのお菓子や、その他、美味しいものを、沢山の方に差し入れして頂くので、かなりお口は満たされていたりするのですが♪(左から、手作りのマカロン、人気店のおはぎいろいろ、密たっぷりのリンゴ、、、です。この他にもいっぱい頂きました。お心遣い本当にありがとうございました。
12月1日(木)
 天気予報では、雨が降ってもおかしくないくらいの雰囲気でしたが、なんと初日スタートは、少し晴れ間も見られる朝となりました。3日間、どうかお天気がもってくれますように、、、と願いつつ、パピエ秋のイベント『カレンダー原画展』、いよいよ開催です。
 サンルームに、カレンダーイラストの原画をすべて並べ、ジェルブロワ村の写真も壁にペタペタと貼って、バラの村の雰囲気を出そうと頑張ってみましたが、、、うーん、、、どうでしょう。カレンダー、ポストカード、フォトカードセット、そして、愛子先生とのコラボランチョンマット♪おかげ様で評判も良く、制作した本人としては、ホッとしました。何度作品展を重ねても、やっぱり人の評価は気になるし、毎回ドキドキです。
 さて、アトリエの方には、またまた沢山の雑貨が並び、とっても楽しい雰囲気です。作家さんたちの素晴らしい感性で作られた小物たちは、どれもこれも魅力的。そして、欲しくなるものばかりです。沢山のお客様がいらっしゃる時は、もちろんスタッフとして動きますが、お客様の流れが止まる瞬間は、スタッフもお客様になります。こうして、みんな少しずつ、お買い物をしてしまうわけです。だって、3日間も見ていたら、我慢するのが難しいー。
 今日は、怪しいお天気だったにも関わらず、多くの方が足を運んで下さったこと、、、とても感謝です。パピエの雑貨は、一つ一つが手作業で作られているので、どれも味わい深く、すべてが丁寧な仕上げ。お家に連れて帰って頂いた小物達を、どうか大切に使ったり飾ったりしてやって下さいね。