作成者別アーカイブ: abemarie

story35.パピエ何コレ珍五景

我が家は約100年前に建てられた大変古い家です。また、施主であった祖父は、水力発電ダムなどの土木技師で、かつ独特の趣味・感性を持っていたらしく、庭を見てみると何だかよく分からないスポットがいくつかあります。今回、代表的な謎のスポットをまとめてみました。

〇お風呂みたいな石

アトリエ入口のすぐ脇にある石。どこから見ても、お風呂にしか見えません。多分、景観を意識した庭石の1つで、雨水を溜めて調節するような機能もあったのでしょうか。水を溜めてメダカなどを飼っていたのかもしれません。でも、子供だったら、お風呂のように、自ら入ってみたくなりますよね。

IMG_1651

〇サイコロ形の大きな石

アトリエ入口と母屋玄関の間に埋まっている大きな石。これも、庭石の1つと思いますが、結構大きくて、美しいのかどうなのかよく分かりません。子供の頃は、ゴロ練習のため、野球ボールを当てる「壁」として、重宝していたものです。

IMG_1654

〇元禄と掘られている灯篭

奥の紅葉の木のそばに鎮座している灯篭。普段は気付きにくいのですが、去年の地震で倒れ、起こそうとした時のあまりの重みで、その時以来、自分の中での存在感が増しました。しかも、よく見ると元禄と掘られています。着工時、さらに200年以上前のものを購入したのでしょうか。

IMG_1656

〇レンガ積みの保管庫のようなもの

さらに奥の竹やぶの中に、あまり損傷のない綺麗なレンガを、きちんと積み上げて作られた保管庫のようなものがたたずんでいます。昔は、何かを保管する倉庫だったのでしょうか。レンガを取ろうとハンマーやノミを買いましたが、あまりに強固で断念しました。

IMG_1658

〇門までの通路脇にある石積み

家の門までは登り坂となる通路があるのですが、その脇に、小さな石を積んで作った溝のようなものがあります。何気なく見ていましたが、専門の方に聞くと100年前の着工当時からあるものだそうです。確かに豪雨の際は、ここを伝って雨水が流れていて、ちゃんと機能しているようにも思います。水系の土木技師だった祖父のこだわりの1つだったのかもしれません。

IMG_1660

パピエに来られる際、このような隠れたスポットにも注目していただけたら幸いです。

 Katsuji

『消しゴムスタンプワークショップ』のご案内

いつも、水彩の森パピエでの活動を応援いただき、ありがとうございます。

これまで何度か開催しました、富本三佳子(とみもとみかこ)先生の「消しゴムスタンプワークショップ」を、今年も開催する運びとなりました。

今回は、「初心者さんとちょっぴり経験者さん、どちらもwelcome❗」なワークショップです。富本先生によると「初心者さんには基本から、ちょっぴり経験者さんは知りたいことや要点を質問してくれればお答えいたします❗」とのことです。どなたでも、お気軽にご参加ください。

メインは簡単なお名前はんこ。初心者さんも経験者さんも、ひとつあれば便利ですよ。この機会に、大人の手習いを楽しんでいただければ幸いです。(満席となりました、現在キャンセル待ちで受付中です)

消しゴムスタンプ●日 時:令和元年6月29日(土) 13:00~15:30

●場 所:水彩の森パピエ アトリエ or 古民家リビング

●参加者:最大8人

●参加費:3,500円 (材料費込み。当日、現金にて徴収します)

●持ち物:筆記用具、シニアグラス(ふだんご使用の方)

※ご自身でお使いのカッターナイフがあればご持参ください(ない場合は貸し出し可能です)

※作りたいデザインの持ち込みOKです。

<富本三佳子先生のブログ『カエルのはんこ工房』 http://kerokero4.exblog.jp/ >

申し込みについては、以下の申し込みフォームをご利用ください。(6月19日(水)を締め切りといたします)(満席となりました、現在キャンセル待ちで受付中です)

定員に達した場合はキャンセル待ちとなりますので、その旨ご連絡いたします。
(その後キャンセルがあった場合、順番にご案内いたします)
万が一、キャンセルされる場合は、お早めにお知らせください。キャンセル待ちの方もおられますので、一週間前(6月22日)まで、遅くても3日前(6月26日)までにご連絡をお願いします。当日のキャンセルは極力避けていただくよう、よろしくお願い致します。

(TEL&FAX 06-6875-4567 Eメール ktj.papier@gmail.comまで)

※メールアドレスが違うと、お返事ができない場合がございます。お間違えのないようご記入ください。どうぞよろしくお願いいたします。

<申し込みフォーム>

お名前 (必須)

住所 (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

経験の有無 (必須)

七夕の日『ワインの夕べ inパピエ』のご案内

水彩の森パピエで、初めて「ワインの夕べ」イベントを開催します。当日は、吹田市にある「紀の国屋ワインショップ」店長の大野さんからワインにまつわるお話をしていただき、「欧和食・鉄板焼Nakagawa」のオードブルとともに、ワイン4種(チリ・スペイン)を飲み比べていただきます。そして、目玉のワインは、ロブレ・モノ・ポマール(フランス)。七夕の日にふさわしく、星の運航を意識して栽培・醸造した絶品のワインだそうです。 (満席となりました、現在キャンセル待ちで受付中です)OLYMPUS DIGITAL CAMERAワインの豆知識を取り入れながら、Nakagawaさんのオードブルと美味しいワイン。楽しく語らいながら、夕食前のお酒(アペロ)で、ごゆっくりお過ごしいただければ幸いです(写真は店内のワイン会の様子です)。 ワインイベント●日程:令和元年7月7日(日)

●時間:16:00~18:00頃

●場所:水彩の森パピエ(リビングおよびアトリエ)

●内容:ワインのお話&飲み比べ、飲みながら自由に歓談 等

●参加費:4,000円(レクチャー、フード、ワイン5種が含まれます:それを超えるワインのおかわりは別途料金となります)

●定員:16名の予定

パピエの地図

<大野英雄さん(紀の国屋ワインショップ店長)プロフィール>

1994年 渡独。アール国営醸造所でワイン造りを1年間研修
1995年 世界三大醸造大学として著名なガイゼンハイム大学に留学
1996年 ドイツにて公認ドイツワインコンサルタント取得。
1996年 帰国。日本ソムリエ協会認定ソムリエ取得。
2003年 年間最大50名の授与、フランス「コンセイエ」認定
2009年 「ドイツワインケナー」全国2位で取得
2018年 第一回ドイツワイン・ブラインドテイスティング・コンテスト優勝 大野さん<欧和食・鉄板焼Nakagawa http://www.senrioka-italian-nakagawa.com/>

オードブル

申し込みについては、以下の申し込みフォームをご利用ください。
(6月27日(木)を締め切りといたします)(満席となりました、現在キャンセル待ちで受付中です)

定員に達した場合はキャンセル待ちとなりますので、その旨ご連絡いたします。
(その後キャンセルがあった場合、順番にご案内いたします)
万が一、キャンセルされる場合は、お早めにお知らせください。キャンセル待ちの方もおられますので、一週間前(6月30日)まで、遅くても3日前(7月4日)までにご連絡をお願いします。当日のキャンセルは極力避けていただくよう、よろしくお願い致します。

(TEL&FAX 06-6875-4567 Eメール ktj.papier@gmail.comまで)

※メールアドレスが違うと、お返事ができない場合がございます。お間違えのないようご記入ください。どうぞよろしくお願いいたします。

<申し込みフォーム>

お名前 (必須)

住所 (必須)

携帯電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

 

story34.生活と自然との適度な距離感

今年もいつの間にか春が過ぎ、最近はすっかり夏の様相です。この時期は、蚊も少なく、庭の自然に触れ合える良い季節です。この前も、アトリエ裏の芝生で、久しぶりに家族でのバーベキューを楽しみました。少し前はたけのこ掘りをしたり、食材を盛り付ける時には庭のハランや山椒の葉を使ったり、庭の自然は、我が家の食生活にも密接に関わっています。私が子供の頃は、栗の木や柿の木なども生えており、季節になると栗拾いや柿取りをして自然に触れ合いながら、食を楽しんだものです。また、子供の頃は、食以外でも、生活と自然が密接に関わっていました。子供の頃の生活の中心といえば遊び。友達との遊びは、空き地での野球や、屋内でのボードゲームなどもありましたが、遊びの多くは、身近な自然と触れ合うようなものでした。当時、家の近所には田んぼや里地が多く残っており、子供なりに仕掛けなどの工夫をしながら、田んぼで水中生物を採ったり、里地でクワガタやザリガニを採ったりして、自然と触れ合っていました。家に友達が来た時は、庭で虫取りをしたり、時には松ぼっくりの投げ合い(当て合い)をしたり、自然物を遊び道具に変えて、楽しんでいたように思います。

最近、身近な自然が減ってきて、生活と自然の距離が大きくなりつつあります。ただ、人間ももちろん自然生態系の一員であり、生活と自然から離れすぎてしまうことは良くないことだと思います。特に、子供時代にしっかりと自然体験をすることは本当に大事なことです。私の知り合いで、吹田で子供の自然体験を事業としている起業家(midica)の方がいるのですが、その方いわく、幼少期の自然体験は、生きる力を養う非常に重要なプロセスだそうです。幼少期はいわば野生期で、3歳頃までの感覚期、6歳頃までの感情期、9歳頃までの感性期それぞれに、自然との触れ合いを体験することで、命を学び、健全な成長が促されることになる訳です。

少なくなりつつある身近な自然ですが、子供にとっても大人にとっても、必要不可欠なものです。市内の公園や里地・里山ができるだけ美しく維持管理されることを望むとともに、我が家においても、庭のみどりが彩りや恵みをもたらしてくれるような、自然との距離感を適度に持った暮らし方ができれば良いなと思います。 バーベキュー

Katsuji

story33.新しい時代へ、変わるもの、引き継いでいくもの

本日は、新しい元号令和の1日目。令和元年初日という記念すべき日であります。この家が建てられたのは大正、私たち夫婦が生まれ育ったのは昭和、子供らが生まれ育ったのは平成、そして、これから孫が生まれ育つであろう時代が令和というように、どんどん時代のバトンが渡されていますが、その間に、大きく変わったものもあれば、変わらず残っているものもあります。私が物心ついてからのこの50年をみても、さまざまな技術が発展し、生活は便利になり、多くの情報が行き交い、移動手段も格段にスムーズになるなど、良い方向に変化した部分も多かったと思います。一方で、身近な自然は減り、環境の悪化が進み、人間関係も希薄になりつつあるなど、悪い方向への変化も見受けられますが、人と人との関係や、人と自然との関係、自分への向き合い方など、変わってはいけない部分もまた多くあります。

我が家の形態や我が家での生活様式をみても、時代に応じて、大きく変化してきた部分があります。家の形態でいうと、1つは水回り。家電製品がどんどんリニューアルされるのと同様、キッチンについても時代による移り変わりが大きく、なかなか昔のままで維持することは難しいと感じます。現に、元々あった親世帯のキッチンも私が生まれてから3度ほど入れ替わっていますし、お風呂も木製からホーローに、トイレも汲み取りから水洗へと入れ替わっています。もう1つは安全にも関わる構造材部分。屋根瓦については雨漏り防止や軽量化のため一度全面改修しており、床や天井、壁材などで安全上や維持管理上どうしても修繕しないといけない部分はその都度やり替えています。ただ、家屋について、約100年にわたり、玄関や木枠の窓、網代の天井、廊下、畳間などなど、できるだけ変えずに残してきており、古き良き部分が今でも感じられるように思います。生活様式についても、どうしても継承できなかった風習や行事などは割愛したり、簡略化したりしていますが、衣食住や神事・仏事などできるだけ継承し、慌ただしい世の中だからこそ丁寧な暮らし方を残していきたいという気持ちを持っています。

時代が移っていく中、変わっていくべきものと、変わらないで引き継いでいくべきものがあると思います。新しい技術が生まれても古いものと共存させ、便利な物が増えるからこそひと手間を大切にし、減りつつある自然により感謝して、SNSやネットで全てを済まさずに人との対面をより大事にするなど、そのあたりのバランスをうまく取れるよう今後も頑張りたいものです(下の写真は、この前、プロの写真家に撮影いただいた、古い母屋と新しいアトリエの写真です)。 story33

 Katsuji