カテゴリー別アーカイブ: パピエstory

story23.庭に手を入れることの大切さ

この時期は、毎年恒例のカレンダー原画展の準備も兼ねて、庭中に積もっている落ち葉掃きを行います。通常は、落ち葉を集めてはポリ袋に入れて可燃ごみとして出すのですが、最近は、だるまストーブを併用して落ち葉処理を行っています。だるまストーブを併用すると、混在している枯れ枝の処理が可能となりポリ袋が破れるのを防げますし、暖がとれたり、搬出ごみの量を減らせたり、時には焼いものご褒美にありつけることもできます。その他、屋根にかかる木や竹の伐採、雨どいにたまっている葉や泥の掃除など、この時期の庭仕事には多くの種類がありますが、だるまストーブに代表されるように、できるだけ楽しんで行うことで、継続できるよう工夫をしています。というのも、庭に手を入れることは家を長持ちさせる上で本当に大事な仕事で、そのような庭仕事を怠ると家が一気に朽ちてしまうことを目の当たりにしているからです。 だるまストーブ 我が家には、母家から離れた庭の端っこに、古い木造家屋があります。以前は親戚の方など、人が住んでいたのですが、20年ほど前から誰も住んでおらず、家屋の周りは、うっそうと木や竹が覆うようになってきました。覆い被さるこれらの木々による落下物や日照不足、さらに人が住んでないことによる湿気や歪みなどが重なり、この家屋は、みるみるうちに、著しく朽ちてしまいました(この前の台風でさらに打撃を受けました)。外側からも、内側からも、きちんと手入れをしないと、こんなにもひどい状態になってしまうのだなと改めて感じた次第です。はなれ 庭に手を入れることの大切さ。家や庭をきれいに長持ちさせる上で、庭仕事は欠かせないことだと思います。加えて、極力外注せずに自分たちで手を入れることで、家や庭にいっそう愛着もわきますし、経費の節約にもなります。さらに、集中して汗をかくことによるリフレッシュ効果や、体幹のトレーニング、ダイエットなど、心身ともに健康になれるという大きな効果もあると考えています。これからも、楽しんで庭仕事に勤しみたいと思います。

Katsuji

story22.向こう三軒両隣、ご近所さんとの関係性

昔は、ご近所さんとの付き合いが、今より濃かったように思います。子供の頃は、近所に遠い親戚のおばちゃんや、年齢が近い子供がいる同じような構成のご家族、よく可愛がってくれる老夫婦の方などが住んでいました。同年代の子供たちとは一緒に通学したり、放課後に遊んだり、老夫婦の方の家にもよく遊びに行ったりしていました。中でも、遠い親戚のおばちゃんの家が最も馴染みが深く、親兄弟もいろいろお世話になっていました。私も、特に小学校に入るまでは、毎日のように遊びに行き、いろんなお話をしたり、新聞広告の裏にお絵描きをしては、その絵をほめてもらったり、直してもらったりしていました。でも、私が、高校、大学へ行くようになった頃からはそんなお付き合いも減り、結婚してしばらく家を離れた間に、近所の方が引っ越されたり、亡くなられたり、建て替えられて別の方が住まれたり、何軒かがまとめて開発されてマンションになったりと、徐々に様変わりしてきました。新しいご近所さんとは、ごあいさつは交わすものの、昔ほど、向こう三軒両隣的なお付き合いがある訳ではありません。

ただ、最近、私が在宅する時間が増えたこともあり、また少しずつご近所付き合いが増えてきました。特に、一番新しくご近所さんになった高齢者向けマンションにお住まいの方達とは、少しずつお付き合いが深まっています。2年ほど前から、妻の水彩教室の生徒さんだった須田さんが講師となって、マンションの住人の方向けに月1回の水彩教室を開催しています。須田先生の指導が上手なこともあり、生徒さんの腕はメキメキと上達し、皆さん本当に喜んでおられます。私は、毎月、付き添いに行く程度ですが、皆さまが水彩を通じて楽しさを分かち合っている姿を見ると、こちらもたくさんのパワーをいただきます。

今後パピエでのイベントを広げていく上で、ますます、ご近所さんのご理解、ご協力も必要になってくるでしょうし、これから新しいご近所さんができることもあるでしょう。皆さんと、よりいっそう仲良く、一緒に進めていけるような関係性が持てれば良いなと思います。

水彩教室

Katsuji

story21.生き物と共存する暮らしについて

我が家は、建物が緑に囲まれていることも特徴の一つだと思います。多くの生き物が庭を棲み家とし、例えば、メジロやスズメ、シジュウカラなどが木々を飛び交い、初春にはウグイスの鳴き声が聞こえてきます。年によって、庭に姿を見せる野鳥が少しずつ変わりますし、虫についても、今年はカブトムシが多いとか、アブラゼミよりクマゼミの方が多いとか、様々な変化が見られ、これはこれで面白いです。私が子供の頃は、家の周りには野生の動物も多く棲んでいて、今では見かけない生き物もチョクチョク見かけました。奥の竹やぶではヘビを見かけることもありましたし、雨上がりの時には調節池的な場所でカメが大発生したこともあったように思います。また、夏の夜にはホタルが、秋にはカマキリやキリギリスなどが、豊富に飛び交っていました。

しかしその後、庭の環境が少しずつ変化して、昨今は、生息する生き物の種類が、昔とはだいぶ変わってきました。野生の爬虫類や両生類が減った一方、逆に増えてきている生き物もいて、特にやぶ蚊が圧倒的に増えたように思います。私が生まれた頃から社会人になるまでは、常に犬を飼っていました。飼っていた最後の犬は蚊が原因となる病気で亡くなりましたし、特にここ最近は、初夏から秋にかけて、やぶ蚊対策をしないと外に出られないくらい蚊が多くなってきています。生き物分布の変化は、気候変動や植生変化による部分が多いのでしょうが、やぶ蚊については、うっそうと乱立する樹木や、倒木による水たまりの増加など、奥の竹やぶのエリアが主な原因と考えています。これはこれで、何らかの対応を講じていかねばなりません。

ただ、大変なことは多々ありますが、やはり緑多き庭は落ち着きますし、生き物と共生していると感じられるのは非常に良いものです。最近、我が家の庭に棲んでいる野良猫はなかなか可愛く、ポカポカとした陽気の日に日向ぼっこしたり、昼寝をしている姿を見ると心が和みます。これからも、多くの生き物に囲まれて生きている今の環境に感謝し、ここでの暮らしを楽しめたらと思っています。 story21

Katsuji

story20.広がりつつある藤井厚二ネットワーク

我が家の古民家、木造モダニズム建築。設計者である藤井厚二氏は「その国を代表するものは住宅建築である」という名言を残されたように、手掛けた建物のほとんどは住宅だったようです。ただ、49歳の若さでこの世を去られたため、手掛けられた住宅の数自体はそれほど多くありません。藤井厚二氏が自ら住まわれた実験住宅である聴竹居が、国の重要文化財に指定されている代表的な建物ですが、それ以外にも、京都市内を中心に、いくつかの住宅が残っています。中には、登録有形文化財としてきっちりと保存されているものもありますが、逆に、住み手が維持管理しきれずに取り壊されているものもあるらしいです。

住宅については、人それぞれの住まい方、利用の仕方、保存や建て替えなどの考え方があります。藤井厚二氏が建てたような築100年近くになる古い住宅だと、なおさら多岐に渡ると思います。最近、藤井厚二氏設計の住宅に関わりのある方とのネットワークができてきました。住宅遺産の維持管理や承継に係る支援などをされている「住宅遺産トラスト関西」の働きかけで、先日も、京都市内で、そういった方々との会合があり、事例発表やディスカッション、現地見学などに参加させてもらいました。その会合には、藤井厚二氏設計住宅のオーナーの方も何人かお見えで、いろいろとお話をしましたが、同じような悩みもあれば、違う部分での悩みもあるように思いました。一般の住宅として使われている方、別棟に住まれて古民家は時々開放利用されている方、新たに古民家を購入されてリノベーションされている方など、いろいろな形態があるようですが、このようなオーナーの方々とのつながりは、これからも大事にしていきたいと思います。その上で、私たち夫婦は、こういったいろいろな取組を参考にしつつ、住みながら利用しながらといった、独自の方法で、古民家の保全活用を進めていければ良いなと考えています。 story20

藤井厚二 https://ja.wikipedia.org/wiki/藤井厚二

聴竹居 http://www.chochikukyo.com/

住宅遺産トラスト関西 http://hhtkansai.jp/

 Katsuji

story19.時短スケッチレシピが出来上がる

最近、地震や台風など災害の話題が多くなりましたので、今回は少し気楽なテーマで。今年の1月から作っていた時短スケッチレシピが、このほど完成しました。

私は2年前にサラリーマンを辞めたのですが、退職によって、日々の生活スタイルが一変しました。今でも会議やイベントなど仕事での外出は多いですが、作業的な仕事は在宅が多くなり、サラリーマン時代に比べると圧倒的に家にいる時間が長くなっています。その結果、妻との分担で、食事を作る機会も増えてきており、近頃は結構楽しく作れるようになってきました。また、妻の水彩イベントに参加する機会も増えてきましたが、そのたびに「だんなさんは絵を描かれないのですか?」と尋ねられるようになりました。私自身も、水彩の楽しさを体感したいなと考えていたので、今年の1月から、料理を作っては、簡単なレシピを書き、写真を撮って、それを時短スケッチするということをして、40枚のノートを完成させた次第です。

もともと絵を描くことは苦手ではなかったのですが、サラリーマン時代からの仕事は、データを解析したり、論文や報告書を書いたり、お客さんのニーズを解決する答えを1つに導いていったりと、左脳的な内容が多かったように思います。一方、スケッチは、モチーフの形をしっかりとらえ、どれが正解とかではなく自分が描きたいものを自分なりに表現する、といった右脳を使うことが大事になってきます。仕事ではあまり働かせてこなかった部分が刺激され、非常に心地良く感じています。また、「時短」スケッチになると、絵を作りこむ所と、描ききらない所のメリハリをつけて、できるだけ短い時間で仕上げていくということも必要になります。これは、服選びや料理、DIYや庭づくりなど衣食住にも通じる部分があるような気がしています。

時短スケッチ、今後は建物や自然物など、屋外でもチャレンジしていきたいと考えています。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Katsuji